こんにちは!

 

週末は風は冷たいのもの空は晴れ晴れ気持ちのいいお天気で子ども達とお散歩したり、公園で遊んだり、長男のサッカーだったりと沢山外に出て遊べることができ子どもたちも充実したようでした♡

 

 

今日は月曜日!

また今日から1週間がんばりましょう!!!

 

それでは前回の続きで双子の出産記録②書きまーす。

 

 


予定帝王切開当日

 

双子の出産記録①で前日に入院し眠れるわけもなくいよいよ出産当日を迎えました!

 

 

当日は朝6時前に看護師さんが来て血圧測定と検温。

→異常なし

 

 

その後8時半頃に看護師さんが持ってきてくれたアルジネードウォーターというOS-1のような栄養機能食品ドリンクを9時半までに飲むように指示され飲みました。紙パック2本。


 

【あす楽】〔ネスレ日本〕アイソカル アルジネードウォーター(スポーツドリンク風味)125mL×24本/1ケース(ドリンク 健康食品 アルギニン 栄養補助食品 介護用品 介護食 栄養機能食品 まとめ買い 水分補給 熱中症対策グッズ)

価格:4,147円
(2018/1/29 12:02時点)
感想(8件)

これが術前最後の水分補給になりました。

 

 

飲み終わったら前日入院説明の時に頂いていた医療用の着圧ソックスを履いて髪をまとめて待機。

 

この医療用の着圧ソックスは締め付けが強く履くのが大変という情報をネットで仕入れていたのですがそんなに締め付けが強いとは感じませんでした!

普段自宅で愛用している着圧ソックスの方が締め付けられてる感が強いからかな??

 

 

 

9時半頃に看護師さんが来られて栄養補給のための点滴開始!!

 

 

血管が細い人はこのルート取りも大変みたいですね(>_<)

 

この点滴と同時にお腹にモニターもつけました!

 

 

そうして、ベッドに寝ていると夫や息子たちと実家の母が来ましたー。10時半頃だったかな?

 

 

次男は夜私がいないことが初めての経験だったので、私と会った事でテンションMAX!!

一気にワイワイがやがや(∩´∀`)∩

 

 

あっという間に11時が過ぎ看護師さんがお迎えに来ました!

当日は病院も予定通りに進んでおり順調に12時に手術開始になりそうです。

 

 

手術室前の待合は夫1人しか入れなかったのでここで息子たちと母とはいったんお別れ。

 

 

息子たちの『ママ頑張れ~!』の声援に送られ車イスで移動!

 

予定帝王切開術前の手術室での準備



 

手術室に入ってまずは頭にシャワーキャップみたいなものをかぶって手を洗い、さらにもう1枚扉の奥の手術室へ入りました。

 

手術室に入ると2名の手術助手の方がいました。

 

2人とも女性でした。

 

担当医はまだのようです。

 

名前の確認をして手術台へ!

手術台は高さがありお腹の大きな体では乗るのも一苦労(笑)

そしてせまい・・・(;^ω^)

 

 

手術台へ乗るとババっと術衣を剥ぎ取られ、素早く輸血用ルートや点滴用ルートを取られたり血圧や心電図のモニターをつけられたり赤ちゃんの心音を確認するモニターをつけられたりしました!

 

 

最中は他愛もない話をしたり貯血していた自己血の確認をしたり・・・下の毛の剃毛したり。

 

剃毛・・・ネットでは全剃りと書いてあったのを見ていたのですが私の病院は半分だけ剃られました・・・(;^ω^)

 

半分だけって言うのも恥ずかしいもんですね(*ノωノ)

誰に見せる訳でもないけどさー・・・。

 

 

手術台に乗る事自体初めてなので術前だけど既に心臓バクバクな私。。。

 

ですが超ド近眼なので周囲はボンヤリとしか見えず・・・だったので見えない分ほんの少しだけ緊張もマシだったかな!?

色々見えてたらもっともっともーっと緊張してたと思います。

 

 

長男、次男は経腟分娩だったので陣痛が来てから病院→LDRだったので出産スタイルが全然違うことが新鮮でした。

 

 


 

手術前の準備が終わった所で担当助産師さんの登場✨

 

担当助産師さんは、

心臓バクバクの緊張しまくりだった私に

『今まで頑張りましたね~✨』

『すぐにツインちゃんたちに会えますよー♡』

って暖かい言葉で励ましてくれました♡

 

 

そして麻酔医の登場!!

麻酔医も女性の方でした!

挨拶を済ませてすぐに体を横向きの体育座りするようなポーズになるように言われました。

手術台がせまいので横向きになって丸まったら転がり落ちないか心配でしたが、ちゃんと手術助手のかたがサポートしてくれて丸まりました(笑)

 

 

丸くなり背中を突き出すような姿勢をとらされ、そこへ痛み止めの注射をチクリ。

 

そして一つ目の麻酔注射!!

 

一つ目の麻酔は硬膜外麻酔です。

硬膜外麻酔は主に術後の痛みをコントロールするために背中から細い管を入れます。

針から細い管を入れ、そのあとに針は取り除きテープで止め固定します。

シビレなどがないか確認し

 

二つ目の麻酔注射をブスリ!!

 

二つ目の麻酔は脊椎麻酔です。

脊椎麻酔は手術のための麻酔です。

 

こっちの麻酔は痛かったーーー(>_<)

『次は針がちょっと太いよー』と言われブスリとされたのですが、

 

ズドーンと背中や腰に響くような感覚!!!

 

 

これも帝王切開の経験談などでリサーチ済みだったので痛いの覚悟していたのですが、

本当に痛いです(笑)

さっき書き忘れていましたが最初に急に動いたりしたら危ないので転落防止のためさきに足と手を軽く固定されていました。

 

二つ目の注射をして少しすると腰から下が次第に痺れるようなポカポカしてきたような感覚になり(ずーっと正座をしていた後みないな感覚です)何かスプーンのような物を当てられ『冷たい』か『痛い』か聞かれたけどすぐに麻酔が効いて下半身はどちらの感覚もありませんでした。

 

 

つままれてるんだな~とか引っ張られてるな~という感覚はあります。

 

 

いよいよ担当医師の登場!!

担当医に「緊張してる?」と聞かれてもちろん「YES!」だったのですがヘラヘラ笑ってしまう私(;'∀')

 

そしどこからともなく流れてきた曲はドリカムでした!(^^)!

手術中に聴きたい音楽があったらCDを持参するように言われていたのですが、私はCD持ちこみしてませんでしたーー。

担当医はドリカム好きなのかーー!!!

もし持ち込みしてたならどのアーティストにしてたかなぁ??

とか頭の中で考えてたような気がします。

 

 

担当医からも麻酔が効いてるか確認され(大きなピンセットで摘まんでいるらしい)

ちゃんと麻酔が効いてることがわかるとすぐに手術が始まったようです!!

気づいたらもう1人の担当医もいて他の小児科医や助産師数名・・・といつの間にか手術室の中は人でいっぱいに!!

全部で10名以上の医師や看護師、助産師さんがいらっしゃったようです。

 

 

助手の方があわてて時計を確認し、名前や住所、生年月日を言わされました(;'∀')

「今からオペを始めます!」みたいなドラマみたいなのはなかったです(笑)

 

 

双子の誕生

👶👶

 

 

お腹をつまんだり引っ張ったりされてるな~と思ってたらすぐに手を握ってくれていた助産師さんが『もう赤ちゃん出ますよー!』と言って

 

 

PM12:19 『フニャ~』と1人目誕生!

お腹の上でチラっと見え顔の横に一瞬だけ連れてきてくれ感動のご対面✨かと思いきやすぐに赤ちゃんの処置台へ連れていかれ小児科医の診察開始。

 

 

1児ちゃん(←病院ではそう呼ばれてた)がいる処置台をガン見していたけどド近眼のため見えず(笑)

さらに人が増えていてざっと20名くらいいた気がします。

 

 

1児ちゃんは小児科医や看護師さん数名に囲まれておりました。

 

そうこうしているうちにぐいーっとお腹を引っ張られ『二人目でまーす』で

 

PM12:20 『ふにゃ~』と1人目より高い声が聞こえてくると同時に先生たちのどよめき(笑)

 

 

健診のエコーや先生たちが想定していたよりもはるかに大きかったようです( ´∀` )

 

 

二人目が出てきた後はすぐに助産師さんがメガネをかけさせてくれたので赤ちゃんたちの様子も見えましたー!!

といっても先生や看護師さんたちに囲まれていたので双子っちはほぼ見えず(;^ω^)

 

 

私の方は双子っちを出した後の処置・・・。

 

麻酔がしっかり効いているので痛みなどはまったくないのですがカチャカチャ器具を置いたりする音がしたゴーーーーーっと掃除機のようなもので吸引する音が聞こえたり。

 

 

ぼーっとしながら双子っちたちの処置台を眺めていると『2658グラム』と『2712グラム』と体重を計られたようで『おぉぉぉー!!!』っとまたまたどよめきました(笑)

 

 

年配のクールな担当医が『大きかったなぁ!』とポツリ。

マスクで見えないけど絶対ニヤってしたよね!?って顔してました(笑)

 

 

実は一児ちゃん最後の健診の時推定2100グラムだったので低体重児としてNICUの方へ入る場合もあります。と言われていたのです💦

(病院にもよると思いますが、私の出産した病院は2300グラム以下はNICUへ入ることになっていました。)

 

 

でも体重も十分にあり小児科医の診察もクリアしたのでNICUに入らずにすみました。

 

 

 

そして双子っちとようやくご対面✨✨

 

『無事に生まれてきてくれてありがとう✨』

とウルウル(*´ω`*)

 

顔をくっつけ写真を撮って貰ったり触ってみたりしばしの触れ合いタイムのあと双子っちは産科病棟のベビー室へ連れて行かれました。

 

この時、外で待機していた夫も無事に双子っちとご対面✨したようです。

写真撮るようにお願いしてたのに彼が持っていたのはビデオカメラ・・・(笑)

後に動画をみると双子っちはほとんど映っておらず・・夫の足と看護師さんの声が入ってるのみ(笑)

 

 

 

私の方はまだまだ術後の処置が続いていて麻酔医が『少しボーっとなるお薬を入れますね』と言われ何だかポカポカ暖かくふわふわ浮いてるような感覚になりボーっとしていたら、

 

 

『今から病室に戻りますよ!』との声が聞こえハッとしました!

 

気づけば周りに沢山いた先生や看護師も最初の手術助手と助産師、担当医師の数名だけで

  • 出血量が多かったため止血にバルーンを入れている事

を話され担当医たちは手術室を後に・・・。

詳しい内容は外で待ってる夫に話されていたようです。

 

私もベッドに寝たまま病室に運ばれ待っててくれた息子たちやばぁばと再会。

 

この日は点滴、尿管も入っており病室に戻ってからも麻酔が効いていて痛みなどは感じずですが心電図や血圧をはかる機械をつけられ足にはエコノミー症候群予防のためのフットマッサージャーをはめられ動けずだったので双子っちに会えたのは次の日からでした。

 

 

息子たちも私がまだ麻酔でぼーっとしていたので夫とばぁばに促され静かに帰っていきました。

 

息子たち、とってもおりこうに待っていたようです。

 

私が病室に帰ってくる前に夫とベビー室に弟たちを見にいったら「カワ(・∀・)イイ!!」ってとっても喜んでいたらしいです♡

そんな息子たちの姿見たかった♡

 

 

 

出産当日の話はここまで。。

読んで下さりありがとうございました。




ランキングに参加しています!
ポチッと応援して頂けると嬉しいです(*´ω`*)

人気ブログランキング


にほんブログ村 











  

 

スポンサードリンク